音楽×写真、動画の編集アプリなど活用し、想い出を感動作品に楽しくグレードアップ!

>

思い出と今をつなぐ最高の想い出の残し方

今やスライドショーは結婚式の楽しみの一つ

現在の結婚式場は、色んな趣向を凝らしています。
最近観ないですが、ゴンドラが有名になったこともあったり、スカイダイビングなど個性的なウエディングスタイルも話題を呼びました。

そんな中、新郎新婦の入場シーンから感動の始まりを迎えた結婚式、そこで流すスライドはまるでタイムスリップしたような瞬間です。
大切な時間に、大切な想い出を共有することで、新たな今日の想い出も濃い素敵なものになる事でしょう。

新郎新婦のお色直しの間に流すことが多いと思いますが、ここで、流した映像の中に、本人が司会さながら登場して、想い出クイズを出したり、お色直しを終えても再び入場した新郎新婦に、司会者が会場をまわり、感想を何人かに聞いてみるのもいいかもしれませんね。
「実はあの時…」なんて、数十年ぶりの真実が明かされる!かもしれません。
せっかくなので、スライドを流すだけにとどまらず、色んな趣向を凝らしてみてはいかがでしょうか?

人生のお別れの瞬間に本人に代わって語る

生きている間の転機とは違い、お別れの瞬間は突然やってくるものです。
そして何より、本人は、どんなに感謝していても、お礼すら言うことが出来ません。
ただでさえ、突然のことで、家族にとっては式の準備で精一杯でしょう。

それでも、今は、葬儀場が、写真と簡単なアンケートを添えて預けることで、スライドを作成し、なおかつ、それに合わせてナレーションのように、事前の簡単な説明の文面から、写真に合わせたコメントをとても上手に、話しを広げて語ってくれたりもします。

こんな写真はどうだろう?個人的な事過ぎてやめておこうかな?という写真やコメントも、逆にそれは、故人の個性や人柄をしみじみかみしめることの出来る良い機会です。
好きだったテレビ番組でも、後ろ姿しか映っていなくても、ピンボケしている写真でも、雰囲気が本人を表していたら、それはとても貴重な一枚だと思います。
ご本人の声を是非、感じてもらってください。